産経ニュース

上海株きょうも暴落で一時7%安 中国バブル崩壊に現実味

ニュース 経済

記事詳細

更新


上海株きょうも暴落で一時7%安 中国バブル崩壊に現実味

 3日の東京株式市場は反落している。日経平均株価の午前終値は、前日比91円25銭安の2万0431円25銭。東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前日比2.11ポイント安の1646.13。

 前日の欧州市場はギリシャ問題の一服感から値上がりし、米国ダウも小幅安にとどまったが、中国の上海総合指数が連日の大幅安となり、東京の下げ要因のひとつになった。

 上海総合指数は午前中ずっと続落し、一時下げ幅が280ポイントを超えて7.2%下落。3600台前半まで下げた。3カ月半ぶりの安値水準。前日は一時6.4%下げて終値は3.5%安の3912.77となり、4000の大台を割ったばかりだが、きょうはすでに前日を大きく上回った。

「ニュース」のランキング