産経ニュース

明治、売り上げ2倍に、スポーツサプリ事業、20年度

ニュース 経済

記事詳細

更新


明治、売り上げ2倍に、スポーツサプリ事業、20年度

明治が拡販を目指すプロテイン「SAVAS(ザバス)」とスポーツ飲料「VAAM(ヴァーム)」(同社提供)

 明治は1日、運動の前後に摂取するスポーツサプリメント事業の売上高を2020年度に14年度比2倍の250億円規模に引き上げる方針を明らかにした。主力のプロテイン「SAVAS(ザバス)」と、アミノ酸入りスポーツ飲料「VAAM(ヴァーム)」の2大ブランドを、コンビニエンスストアやスーパーへ新規に導入し、ランナーなどの需要の取り込みを目指す。

 明治調べによれば、プロテインとアミノ酸入りのスポーツ飲料の市場は14年度で390億円規模。明治は、ザバスとヴァームの両ブランドを武器に、ドラッグストアの店頭販売額でシェア5割、スポーツ店で3割を占めている。今後は商品未導入の小売りへの導入を積極化し、売り上げの拡大につなげる。

 笹川スポーツ財団によれば、14年の日本の成人男女のスポーツ実施率は週1回以上が57・2%。近年のランニングブームを背景にスポーツに取り組む動きが広がっており、明治はスポーツサプリの需要の伸びも見込めるとしている。

「ニュース」のランキング