産経ニュース

【ギリシャ危機】「IMFへの返済できない」ギリシャ首相がテレビ出演で EUとの交渉は継続姿勢

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ギリシャ危機】
「IMFへの返済できない」ギリシャ首相がテレビ出演で EUとの交渉は継続姿勢

ギリシャの公営テレビ出演に臨むチプラス首相=29日、アテネ(AP=共同)

 【アテネ=内藤泰朗、ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)のギリシャ支援問題で、同国のチプラス首相は29日、支援合意がなければ、30日に期限を迎える国際通貨基金(IMF)への約16億ユーロ(約2200億円)の返済はできないとの見解を示した。また、7月5日に予定する国民投票でEU側の財政再建策が支持された場合、自身が退陣する可能性も示唆した。

 チプラス氏は同日、公営テレビに出演し、「自国の銀行が窒息しそうなときに支払いを期待できるのか」と指摘。IMFに返済する可能性は排除しないものの、支払いにはEU側からの支援合意の申し出が必要との認識を強調した。

 チプラス氏は同時に「私の電話は一日中つながる」と述べ、同じく30日に期限となる金融支援について交渉する用意があるとした。

 国民投票に関しては、財政再建策が否決されることでEU側との交渉で有利になるとし、有権者に反対するよう改めて求めた。一方で再建策が支持された場合は「結果を尊重するが、われわれはその実行者にはならないだろう」と語り、退陣の可能性を示唆した。

 一方、EUのトゥスク大統領は29日、「否決で交渉の立場が強くなると考えるなら、間違いだ」と述べ、再建策を求めるEUの姿勢は維持されると強調。ロイター通信によると、トゥスク氏はチプラス氏に対する書簡で、国民投票実施のための支援延長を拒否するEU側の姿勢は変わっていないとも伝えた。

「ニュース」のランキング