産経ニュース

中国株バブルいよいよ崩壊か 上海株、2週続けて金曜暴落 一時8.6%安

ニュース 経済

記事詳細

更新


中国株バブルいよいよ崩壊か 上海株、2週続けて金曜暴落 一時8.6%安

香港ハンセン指数と上海総合指数

 ブルームバーグ社の調べによると、26日の上海総合指数は一時前日終値比で8.6%下落して388.25ポイント安の4139.53と暴落した。終値は4192.87で、7.4%下落した。前週末19日にも6.4%の急落となったが、これを大きく上回った。指摘されてきた中国株バブルの崩壊が現実味を帯びてきた。

 前週末19日の上海総合指数は307.0ポイント安の4478.36で、6.4%の大幅下落となり、1週間で13.3%下落した。今週は23、24日と上昇したが、25日に3.5%下落、きょうは7.4%の下落で、1週間では6.4%下落した。

 この結果、2週前の週末終値である12日終値の5166.35と比べると、2週間で18.8%も下げた。

 上海総合指数は2000台で停滞していた昨年秋から急騰を続け、今月中旬には7年ぶりに同指数が5000を超えたことで、中国株バブルと指摘され、暴落を懸念する指摘が相次いでいる。上海総合指数の年初来安値は2月9日の3049.11、年初来高値は6月12日の5178.19。

 プルームバーグによると、大手証券会社が、この年初来高値が今年のピークになると予想したことも、売りが集中した原因のひとつとなっている。

このニュースの写真

  • 中国株バブルいよいよ崩壊か 上海株、2週続けて金曜暴落 一時8.6%安

「ニュース」のランキング