産経ニュース

新会社「SGローソン」がサービス開始 高齢者の宅配ニーズ取り込み狙う 御用聞きも 

ニュース 経済

記事詳細

更新


新会社「SGローソン」がサービス開始 高齢者の宅配ニーズ取り込み狙う 御用聞きも 

宅配ボックスに佐川急便の荷物とローソンが注文を受けた商品を入れて配達に向かうSGローソンの配達員=24日午前、東京都世田谷区のローソン世田谷中町2丁目店

 コンビニエンスストア大手のローソンと宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(SGHD)が共同出資して設立した新会社「SGローソン」が24日、東京都世田谷区の2店でサービスの提供を始めた。コンビニと宅配が一体となり高齢者の単身世帯や働く女性などのニーズを取り込む。首都圏で2016年夏までに100店に対象を広げ、3~4年後には全国に拡大する。

 提供するサービスは、ローソンの店舗で販売している商品の宅配、佐川が取引する通販事業者から注文を受けた商品を自宅近くのローソン店舗で24時間受け取り可能とすることなど。

 商品の宅配はSGローソンの配達員が自宅に訪問した際や電話で注文を受け付け、翌日以降の指定日に配達する。

 家事代行やハウスクリーニングの業者への取り次ぎといった暮らしのサポートも行う。

 SGローソンの野辺一也社長は「都市部でも(日常の買い物や生活で困難を感じている)『買い物弱者』は増えており、宅配のニーズは非常に高い」と指摘。生鮮食品や日用品などの配達に加え、今後はクリーニングの配達といったサービスも充実させていく考えを示した。

このニュースの写真

  • 新会社「SGローソン」がサービス開始 高齢者の宅配ニーズ取り込み狙う 御用聞きも 

「ニュース」のランキング