産経ニュース

次期財務次官に田中氏 異例の三代同期組、政府方針

ニュース 経済

記事詳細

更新


次期財務次官に田中氏 異例の三代同期組、政府方針

田中一穂氏

 政府は27日、今年夏の中央省庁幹部人事で、財務省の香川俊介事務次官(58)が退任し、後任に田中一穂主計局長(59)を昇格させる方針を固めた。両氏は昭和54年に旧大蔵省に入省した同期で、木下康司元次官(58)を含め同期が3代続いてトップに就くのは異例だ。

 田中氏は厚生労働担当の主計官などを経て、平成18年の第1次安倍晋三政権で首相秘書官に就任。その後は国税庁次長や理財局長を務め、昨年夏に主税局長から主計局長に横滑りした。

 安倍首相の信頼が厚く、アベノミクスの「第2の矢」にあたる財政政策では、法人税の実効税率引き下げや介護報酬のマイナス改定、新規国債発行額の抑制などに尽力した。

 田中一穂氏(たなか・かずほ)東大卒。昭和54年大蔵省(現財務省)。主税局長を経て平成26年7月から主計局長。59歳。東京都出身。

「ニュース」のランキング