産経ニュース

三菱ふそう、新興国向け戦略トラックを発表 インドを輸出拠点に拡大

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱ふそう、新興国向け戦略トラックを発表 インドを輸出拠点に拡大

三菱ふそうトラック・バスと独ダイムラー・トラックのアジア部門が発表した鉱山向け大型トラック「バーラト・ベンツ3143」=27日、チェンナイ(松岡朋枝撮影)

 三菱ふそうトラック・バスは27日、親会社である独ダイムラー・トラックのアジア部門と共同で鉱山向け大型トラックの新型車を発表した。新興国向け戦略車としてインドで生産し、現地のほかアジアや中南米などにも売り込む。スズキが沿岸部に新工場を建設するなど、自動車大手がインドを輸出拠点として活用する動きが広がっている。

 三菱ふそうが発表したのは「バーラト・ベンツ3143」。総重量は48トンで、430馬力のエンジンを搭載。鉱山の急勾配や未舗装道路でも力強い走りが可能で、資源開発やインフラ整備の進む新興国の需要を開拓する。

 三菱ふそうとダイムラーはインドで製造したトラックをすでにアジア、アフリカなど12カ国に輸出。今年は中南米や中東にも広げる計画で、ダイムラーのトラック部門責任者のウォルフガング・ベルンハルト氏は「インドは有望な市場だけではなく輸出ハブでもある。政権は製造業をIT産業のように成功させるとしており、引き続き投資を続ける」と強調した。

 インドはアフリカや中東に近い立地や安い人件費に加え、海外メーカーに投資拡大を求めるモディ政権の後押しもあり、輸出拠点としても存在感が増している。

(チェンナイ=インド南部 松岡朋枝)

このニュースの写真

  • 三菱ふそう、新興国向け戦略トラックを発表 インドを輸出拠点に拡大

「ニュース」のランキング