産経ニュース

成田空港会社の3月期決算、訪日外国人客ラッシュで増収

ニュース 経済

記事詳細

更新


成田空港会社の3月期決算、訪日外国人客ラッシュで増収

 成田国際空港(NAA)は15日、2015年3月期連結決算を発表した。売上高に当たる営業収益が前期比1・8%増の2031億円となった。訪日外国人客の増加を受け、構内の物販や飲食収入が好調だった。最終利益は1・4%減の196億円となり、過去最高だった前期に次ぐ水準を確保した。

 営業利益は2・8%減の387億円。円安や訪日ビザの免除・緩和により訪日外国人客が増えてリテール事業が好調だったものの、発着料など空港運営事業の減収が利益を押し下げた。航空機の小型化や、日本人の国際線旅客数の減少で空港使用料や旅客施設使用料が減った。

 一方、新規就航や増便、訪日外国人客の増加により航空取扱量は堅調に推移した。14年度の航空取扱量実績では航空機発着回数が0・9%増の22・8万回、国際線外国人客数が15・1%増の1064万人でそれぞれ過去最高となった。

「ニュース」のランキング