産経ニュース

【LGBT就職差別】(上)「カミングアウト」するべきか…手探りの中、“理解ある企業”求めて

ニュース 経済

記事詳細

更新

【LGBT就職差別】
(上)「カミングアウト」するべきか…手探りの中、“理解ある企業”求めて

 就職活動中のLGBTの学生を対象にしたイベント。自分が働くイメージが持ちにくいという学生もいる=東京都港区

 神奈川県の大学4年、トムさん(21)=仮名=は、トランスジェンダー(生まれつきの性別に違和感を持つ人)。女性の体で生まれたが、心の性別は男性だ。

 3月中旬、トムさんは都内で開かれたLGBTの学生を対象にした就職活動のイベントに参加した。就活で自分でセクシュアリティをカミングアウト(告白)するべきかどうか悩んでいるからだ。

 トムさんが女性という性別に違和感を持ち始めたのは小学生の頃。中学生になるとはっきりトランスジェンダーであることを自覚。男物の服を着るようになった。

 就活サイトには女性名で登録し、性別も「女性」と記入しているが、応募書類用の写真はメンズスーツで撮影。企業訪問にも男性の服装で行く。

 「着たくない女性用のスーツを着るのは精神的に負担」とトムさん。しかし、面接の時、相手が自分の顔と名札を見比べて困惑しているのが分かる。

 「カミングアウトしていないことが、自分にも相手にもストレスになっている。でも、タイミングが分からない…」。手探りの状態で活動している。

“優しい企業”の目安がない

 東京都内の大学4年の男子学生(22)は、就活を前に大学のキャリアセンターの職員に自分がゲイであることを打ち明けた。すると、「カミングアウトして、日本企業に就職するのは難しいのでは」と言われ、ショックを受けた。

 「自分らしく働けることを重視している。できれば自分のセクシュアリティを受入れてくれる企業で働きたい」と男子学生。企業説明会などでは人事担当者に「LGBTについてどう考えるか」を尋ね、反応を見ながら活動している。

 社内にLGBTについて理解する風土があれば働きやすい。しかし、外からはどの企業に理解があるのか、分かりづらい。

「ニュース」のランキング