産経ニュース

「TPP6月合意」への3つの壁は(1)日米(2)TPA(3)全体交渉

ニュース 経済

記事詳細

更新


「TPP6月合意」への3つの壁は(1)日米(2)TPA(3)全体交渉

TPPについての日米閣僚協議を受け、報道陣の取材にのぞむ甘利明TPP相=21日午前、東京・永田町(三尾郁恵撮影)

 21日終了したTPP交渉の日米閣僚協議は、双方の溝の深さを改めて浮き彫りにした。来年に大統領選を控える米国の政治日程をにらみ、交渉全体の合意期限は「今年6月」との見方が強まっている。限られた時間の中で、交渉に終止符を打つには、日米協議に加え、米大統領貿易促進権限(TPA)法案、全体交渉という3つの“関門”を突破する必要がある。(本田誠、ワシントン 小雲規生)

聖域めぐり攻防

 「核心に入ると険悪になるのは毎度のことだ」

 甘利明TPP担当相は同日の記者会見で、USTRのフロマン代表との今回の協議をこう振り返った。

 協議後、甘利、フロマン両氏とも一定の前進はアピールした。だが、一筋縄ではいかない協議の実情は20日午前9時半に始まった2日目の協議が21日午前3時半ごろまで、もつれ込んだことからもうかがえる。

 争点は双方とも容易には譲れない“聖域”の扱いにほぼ絞られている。日本の農産品の象徴ともいえるコメと、米国の基幹産業である自動車分野の関税の扱いだ。TPP交渉参加12カ国の経済規模の8割を占める日米協議の決着は全体合意の大前提。甘利氏は今後、必要に応じて閣僚協議を開催する考えを示した。

「ニュース」のランキング