産経ニュース

【大塚家具総会】かぐや姫の母も参戦「(久美子氏に経営)できるとは思いません」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【大塚家具総会】
かぐや姫の母も参戦「(久美子氏に経営)できるとは思いません」

大塚家具の株主総会の会場=27日午前、東京都江東区有明(栗橋隆悦撮影)

 創業者で父親の大塚勝久会長と娘の大塚久美子社長が、経営主導権をめぐって株主総会での決着へと発展した大塚家具。27日午前から開かれた株主総会は、久美子社長による会社側提案が可決された。総会では勝久氏が久美子社長を厳しく批難、久美子社長も「事実認識での違いもあるし、コンプライアンスでは歩み寄ることはできない」と、強硬な姿勢をみせ、両者は激しく対立した。

 親子で経営権を争う極めて異例の事態で、「日本全国の注目の的となっている」(総会出席の株主)だけに、全国長年株主であったが、初めて株主総会に出席する株主も多い。昨年は30人の出席だったが、今回は200人が出席し、2つの会場を使用した。

 午前10時に総会が始まった。議長の大塚久美子社長が議事を進行していくが、開始5分後、第2会場などにモニター映像が届いていない技術トラブルがあることがわかり、一旦進行がストップ。ただ、数分で復旧した。報道陣向けに公開するモニター映像も同様に復旧した。

 その後は、グレーのスーツ姿の大塚久美子社長が、経営状況などを淡々と説明し、議案を進めていく。

 開始から30分後、株主提案の議論に入る。提案者である大塚勝久会長が発言する。

 勝久氏は「今回の問題は、私の不徳のいたすところ」と株主に対して謝罪。その上で、「今年1月の社長交代(勝久氏から久美子氏へ)は、クーデターだ」と、久美子社長らを非難した。さらに、「今度は、間違った後継者選びはしない。再び私に経営させてもらいたい」と、株主に訴えた。

このニュースの写真

  • かぐや姫の母も参戦「(久美子氏に経営)できるとは思いません」

「ニュース」のランキング