産経ニュース

成田空港、今年夏ダイヤの総発着回数は週4322回 開港以来最高に

ニュース 経済

記事詳細

更新


成田空港、今年夏ダイヤの総発着回数は週4322回 開港以来最高に

 成田国際空港会社(NAA)は26日、平成27年夏ダイヤ(3月29日~10月24日)の総発着回数が、前年夏ダイヤより104回多い週4322回になったと発表した。昭和53年の開港以来、夏・冬両ダイヤを通じて最高という。格安航空会社(LCC)を中心に、国際線と国内線で新規就航や増便があったのが主な理由だ。同社が夏ダイヤのうち航空各社の標準的なデータを得やすい4月12~25日をもとに独自にまとめた。

 国際線の発着回数は、前年夏ダイヤより54回多い週3374回。旅客便に限ると、足元の訪日外国人客数の急激な増加などを背景に52回多い2908回となった。国内線の発着回数は、前年夏ダイヤより50回多い週948回と、開港以来最高。LCCのピーチ・アビエーションが3月29日に札幌線や福岡線に新規就航することなどが寄与した。

 NAAは4月8日、LCC専用の「第3旅客ターミナル」の運用を開始し、国内外の5社が使用する。同社がまとめた夏ダイヤの発着回数によると、第3旅客ターミナルへの就航航空会社では国際線が週144回、国内線が週562回で計週706回となった。

「ニュース」のランキング