PR

ニュース 経済

【貳阡貳拾年 第5部 日本を変える技術(3)】日本が誇るスゴ技「生体認証」 “顔パス”で東京五輪に安心運ぶ

Messenger

 生体認証技術では、NECや日立以外にも東芝やパナソニック、三菱電機、オムロンなど多くの日本企業が開発を行っており、この分野で世界をリードする。

 東京五輪は日本の生体認証技術を世界にアピールできる絶好の機会となりそうだ。東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗も「科学技術を世界に展開する1つのきっかけになる」と話す。

 政府も東京五輪で日本の技術力を世界に示し、経済成長につなげたいと考えている。現在、総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)が中心となり、国の施策として研究機関や民間企業の技術開発を後押しする方針だ。

 生体認証技術を日本の最先端技術として、世界に発信する-。五輪までの5~6年間で、さらに認証精度を向上させ、新たな技術を生み出せるのか、国内外から期待が大きい。(敬称略)

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ