産経ニュース

千代化と三菱商事がフィリピンの新空港建設を受注

ニュース 経済

記事詳細

更新


千代化と三菱商事がフィリピンの新空港建設を受注

 千代田化工建設と三菱商事は20日、フィリピン政府から中部のボホール州の新空港建設を受注したと発表した。建設地はビーチリゾートの観光資源が豊富なパングラオ島で、2000メートルの滑走路と旅客ターミナルビルを建設し2017年半ばにオープンする計画。

 受注額は約110億円で、このほどフィリピン運輸通信省と契約を結んだ。今回の事業費の大半は、国際協力機構(JICA)の円借款で賄う。

 フィリピン政府は同空港を含め6空港の運営権を入札中で三菱商事は今回受注した建設請負いに加え、空港運営の受注も目指している。

「ニュース」のランキング