産経ニュース

【経済インサイド】農業激動時代 商社が主導する「畜産」「飼料」「肥料」業界再編

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
農業激動時代 商社が主導する「畜産」「飼料」「肥料」業界再編

飼料原料になるトウモロコシを輸入し、保管する丸紅グループのパシフィックグレーンセンターの荷役風景。農家の競争力強化に欠かせない飼料や肥料業界では再編が加速している(丸紅提供)

 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)や農協改革など農業を取り巻く環境変化に合わせ、飼料や肥料、ハムなど畜産関連業界の再編が風雲急を告げている。肥料では2月17日に丸紅系と全国農業協同組合連合会(JA全農)系の肥料会社が合併を発表。翌18日には飼料でも再編が勃発、飼料製造販売大手の中部飼料が、伊藤忠商事子会社の伊藤忠飼料と資本・業務提携の協議開始を発表したのだ。伊藤忠商事はさらにハムメーカーで独立系の丸大食品への資本参加も表明した。資源依存から脱し、「食糧・食品」を次世代の収益の柱に据える大手商社の主導で、業界地図が塗り変わろうとしている。

独立系「中部飼料」動く

 肥料業界では、業界4位のJA系のコープケミカルと5位の丸紅系の片倉チッカリンが、10月1日付で合併し、国内最大の肥料会社となる。政府が掲げる強い農業に肥料は欠かせない存在だ。有機肥料に強い片倉チッカリンと、化成肥料に強いコープケミカルが経営統合することで、技術開発に磨きをかけるとともに、経営基盤を強化するのが狙いだ。

 片倉チッカリンの野村豊社長は「日本の農業の復活に貢献できる」と強調。約40社がひしめく肥料業界は需要が減少傾向にあり、これまで目立った動きがなかったが、今回の統合をきっかけに、再編が動き出すとの見方が業界で浮上している。

「ニュース」のランキング