産経ニュース

“生活革新”再現なるか 「アップルウオッチ」来月24日発売 腕時計型端末、競争激化

ニュース 経済

記事詳細

更新


“生活革新”再現なるか 「アップルウオッチ」来月24日発売 腕時計型端末、競争激化

 米アップルは9日(日本時間10日未明)、同社初の腕時計型端末「アップルウオッチ」を、来月24日に日米英中など9カ国・地域で販売すると発表した。4月10日に予約を開始する。「iPhone(アイフォーン)」をはじめ、同社の新製品は消費者の生活を一変させてきただけに、アップルウオッチが生み出す革新に注目が集まる。(黄金崎元、ワシントン 小雲規生)

 「アップルは革新を続け、人々の生活を豊かにする」

 米カリフォルニア州での発表会で、ティム・クック最高経営責任者(CEO)はこう強調した。アップルが新分野の製品を発売するのは、2010年のタブレット端末「iPad(アイパッド)」以来。11年に創業者のスティーブ・ジョブズ氏が死去してから初めてだ。

 アップルウオッチは、ボディーの素材別に3機種計38モデルを発売する。日本での価格はスポーツ向けが4万2800円から。標準モデルは6万6800円からで、18金を使った高級モデルは128万円から(いずれも税別)となる。

 近距離無線通信でアイフォーンと連動し、通話や電子メールの送受信ができるほか、心拍数や歩数を測定する健康管理機能や、米国では買い物の決済などの機能も持つ。通常の使用であれば、1回の充電で18時間持続する。

「ニュース」のランキング