産経ニュース

【経済インサイド】鳴り物入り「NISA」5割超が“休眠”の悲惨 もがく証券業界

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
鳴り物入り「NISA」5割超が“休眠”の悲惨 もがく証券業界

ネット証券4社による投資信託イベント「ネットでNISAフォーラム」=2月、東京都墨田区 

 「貯蓄から投資へ」の流れを推進するべく、昨年1月に鳴り物入りでスタートした少額投資非課税制度(NISA)が、2年目を迎えた。しかし、すでに開設されたNISA口座のうち、実際に投資した人の割合は半分以下にとどまる。「笛吹けど踊らず」と、証券関係者は現状を打ち明ける。激しい口座獲得合戦を繰り広げてきた証券業界だが、口座の稼働が高められないと「貯蓄から投資」も絵に描いた餅になりかねない。2年目は正念場の年になりそうだ。

■口座の稼働はわずか45%

 NISAは年間100万円までの投資なら、株式、投資信託の売却益や配当が非課税になる制度。ただ、2年目の現在、口座の稼働率でみると決して芳しい状況とはいえない。

 「当初の想定よりも相当低いと言わざるを得ない」。日本証券業協会の稲野和利会長は1月の定例会見で、現状のNISA口座の低稼働率を認めた。日証協によると、NISAで開設した口座のうち、実際に株式や投資信託などを買った割合は昨年末時点で45.1%。スタートから1年の節目で口座の稼働率は半分に届かず、過半数の約55%が休眠口座になった計算だ。

 昨年末時点で、主要証券10社にある約406万のNISA口座のうち、利用されたのは約183万にとどまった。稲野会長は今後「60~70%の利用を目指し普及活動に取り組む」と強調している。

「ニュース」のランキング