産経ニュース

東京MKタクシーが「抗ウイルスおしぼり」 ハイヤー乗客らに提供し好評

ニュース 経済

記事詳細

更新


東京MKタクシーが「抗ウイルスおしぼり」 ハイヤー乗客らに提供し好評

抗ウイルス機能のおしぼりをハイヤー客に提供。使用率が上がるなど導入効果が出始めている

 タクシー会社の東京エムケイはハイヤーの乗客向けに、大学発ベンチャーの抗ウイルス技術で製品化したおしぼりのサービスを開始した。インフルエンザウイルスなどを不活性化する抗ウイルス機能に加え、季節ごとに異なるパッケージなど高級感のある使い切り製品で顧客サービス向上を図るのが狙いだ。

 採用したのは東工大・慶応大発ベンチャーのパイオニア・スピリッツと藤波タオルサービス(東京都国立市)が共同開発した抗ウイルス・抗菌機能を備えた不織布のおしぼりを四季によって異なる模様のパッケージに収めた「四季絢爛~アラベスク」。

 東京エムケイは東京都や千葉県の一部を営業地域とするタクシー会社で、現在47台のハイヤーが企業などの要人や訪日旅行客などに利用されている。2月からおしぼりをアラベスクに切り替えて機能を紹介するパンフレットも常備したところ、「運転手が『自信を持ってお勧めできる』と話しており、お客様の使用率も上がった」(経営企画部)。

 同社では1カ月当たり600本入りを2箱発注しているが、足りなくなる状況だという。

 抗ウイルス技術は、独自に発見した金属酸化物クラスター(MPM)化合物と抗生物質、抗菌剤の組み合わせによって化合物同士が反応せず、高い安定性を維持する。おしぼり上のウイルスの活動は99.9%以上抑制し、感染力を低減させる。おしぼり自体にウイルスを寄せ付けないブロック機能も備えている。

 藤波タオルサービスが2012年から販売しているほか、現在はおしぼり業者各社にライセンス提供している。

「ニュース」のランキング