産経ニュース

ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」、運用費は月2万6千円 本体価格とは別に

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」、運用費は月2万6千円 本体価格とは別に

パーソナルロボット「pepper(ペッパー)」

 ソフトバンクは20日、感情認識機能を持つ人型ロボット「ペッパー」の利用プランを発表した。本体価格の19万8000円と別に、専用のクラウドに接続して高度な会話機能を利用するための「基本プラン」は月額1万4800円(税別、36カ月契約)、故障などに対応する「保険パック」は9800円(同)で提供する。

 一般向け販売は夏ごろ始まる予定。本体価格を払ったうえで、毎月の運用費も税込みだと2万6千円余りかかるとあって、特に個人向けとしてコストが高いと感じるか妥当と感じるかは人によって異なりそうだ。

 ペッパーは、内蔵センサーを使って人の表情や声色などから感情を推測するロボット。昨年9月、法人向けに200台を先行発売し、ソフトバンク直営の携帯電話販売店や家電量販店などで稼働している。

 当初は今月中に一般発売する計画だったが、「企業の要望が予想より多く、生産が間に合わない」(孫正義社長)ため、6~8月ごろに延期することを今月10日の決算会見で発表した。

 一方、ペッパー用のアプリ(応用ソフト)開発を目指すIT企業などに向け、今月27日に300台を追加発売する。昨年9月の購入抽選に漏れた開発者を優先するが、このうち30台はソフトバンク表参道店(東京都渋谷区)で先着順に受け付ける。

このニュースの写真

  • ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」、運用費は月2万6千円 本体価格とは別に

「ニュース」のランキング