産経ニュース

スタジアムを丸ごと再現、東京五輪向けにNTTが映像新技術

ニュース 経済

記事詳細

更新


スタジアムを丸ごと再現、東京五輪向けにNTTが映像新技術

NTTの新技術「キラリ」で卓球の試合を再現している様子。2人の選手は映像だが、ステージ上の司会者と見分けが付かないほどリアルだ(2015年2月18日、東京都武蔵野市のNTT武蔵野研究開発センタ)

 NTTは18日、スタジアムや体育館などスポーツの競技空間を丸ごと再現する新技術「Kirari!(キラリ)」を開発したと発表した。競技中の選手の映像を撮影してインターネットで伝送。パブリックビューイングなどの会場で、プロジェクターから投影された実物大の立体映像を音声とともに、ほぼリアルタイムで観戦できる。

 選手などの被写体を抽出し、独自の圧縮技術で効率良く映像を送れるのが特徴で、海外など遠隔地でも臨場感のある映像を楽しめる。2020年の東京五輪に向けて実用化を目指し、15年度中に試験中継を実施する。

 NTTは18日、東京都武蔵野市の研究施設で報道機関向けにデモ映像を公開した。ステージ上に用意された実物の卓球台を挟んで、立体的に映し出された2人の選手がボールを打ち合う様子が再現された。

 スポーツだけでなく、音楽ライブや伝統行事などの中継にも活用できるという。

「ニュース」のランキング