産経ニュース

ゲーセン、脱「百円玉」 電子マネー化で両替不要・値下げもOK

ニュース 経済

記事詳細

更新


ゲーセン、脱「百円玉」 電子マネー化で両替不要・値下げもOK

タイトーは5月から順次、自社で展開するゲームセンターのゲーム機を電子マネーに対応させる =13日、千葉市美浜区の幕張メッセ

 使用できる通貨が百円玉に限られ、消費税増税後も柔軟な価格設定ができなかったゲームセンターで、電子マネーの本格普及が始まった。業界大手のタイトーは13日、「nanaco(ナナコ)」など5種類の電子マネーに順次対応する方針を発表。平成21年に独自の電子マネー「PASELI(パセリ)」を導入したコナミも今月、利用金額に応じたポイント付与を今春から始める方針を打ち出した。電子マネーを使うことでゲーム内の利用者の選択で課金するなど、新たな遊び方が登場する可能性もある。

 タイトーは全国で約150施設を展開する。5月の「タイトーステーションアリオ蘇我店」(千葉市中央区)を皮切りに、月に4~5店舗ずつ電子マネー対応を進め、28年3月期は計40店に導入する予定だ。直営店から始めるが、将来はフランチャイズ店にも広げる方針。百円玉への対応も続ける。

 この日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で会見した飯沢幸雄社長は、「昭和48年に業務用ゲームを100円に設定して以来、(百円玉の)ワンコインで運営してきた。電子マネーの導入はゲーム開発や施設運営のあり方を変える革命になる」と強調した。

「ニュース」のランキング