産経ニュース

東芝、米GE・仏アルストム連合とエネルギー事業で提携交渉 重電の合従連衡が再始動 

ニュース 経済

記事詳細

更新


東芝、米GE・仏アルストム連合とエネルギー事業で提携交渉 重電の合従連衡が再始動 

エネルギー事業をめぐる企業の関係

 東芝が米ゼネラル・エレクトリック(GE)、仏アルストム連合と、原子力を除くエネルギー事業で包括提携交渉に入ったことが6日、明らかになった。すでに、東芝はGEと火力発電、アルストムと送配電事業でそれぞれ提携しているが、この分野での協業を深めるほか、再生エネルギー事業や、ITを利用した設備の最適運転など、広範な分野で協力関係を築く狙いがある。重電業界の世界的な合従連衡が再び動き始めた。

 東芝は昨年末、GEとアルストムのエネルギー部門の提携協議が完了したのを受け、先月から両社と提携交渉に入った。

 東芝とGEは、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた高効率の火力発電の開発・販売で提携している。東芝はGEと協調し、同火力発電をアルストムの販売網が強い欧州やアフリカ、中東で販売することを目指す。

 石炭火力発電の提携も焦点だ。アルストムは東南アジアで石炭火力発電を数多く手がけている。同地域では燃料コストの安い石炭火力発電の需要が高まっており、東芝は自社の強みがある蒸気タービンや発電機の供給を提案しているもようだ。

「ニュース」のランキング