産経ニュース

出版物販売額、10年連続で減 消費増税で過去最大の落ち込みに

ニュース 経済

記事詳細

更新


出版物販売額、10年連続で減 消費増税で過去最大の落ち込みに

 平成26年の書籍と雑誌を合わせた出版物の推定販売額(電子書籍を除く)が前年比4・5%減の1兆6065億円と、10年連続で前年を下回り、昭和25年の統計開始以降で最大の落ち込み幅となったことが26日、出版科学研究所(東京)の調査で分かった。販売金額の内訳は、書籍が同4%減の7544億円、雑誌が同5%減の8520億円。書籍は8年連続、雑誌は17年連続の前年割れとなった。

 同研究所は、昨年4月の消費税増税が読者の負担増につながり、出版物への支出が抑制されたことが大きな要因と分析している。

 昨年の書籍の新刊点数は7万6465点で前年比1・9%減、新刊推定発行部数は3億3561万冊で同3・9%減。文庫、新書の発行部数がともに6%以上減ったことから、書籍の新刊平均価格は同2%増の1142円となった。

「ニュース」のランキング