産経ニュース

8分遅刻で2時間タダ働き、暑くて失神…中国のユニクロ下請け工場の過酷過ぎる現場 国際NGOなどが勧告

ニュース 経済

記事詳細

更新


8分遅刻で2時間タダ働き、暑くて失神…中国のユニクロ下請け工場の過酷過ぎる現場 国際NGOなどが勧告

 ファッションブランド「ユニクロ」の製品などを製造する中国の2工場について、国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN、東京)などは15日、「長時間の過重労働や危険な労働環境がある」として、ユニクロを展開するファーストリテイリング(山口市)に改善を促すよう勧告したと明らかにした。

 HRNは、香港に拠点を置くNGO「SACOM」とともに、中国の大手衣料工場のパシフィック社とルンタイ社について調査。2014年7~8月には、SACOMの調査員が労働者として工場に潜入した。さらに、別の調査員が工場近くのレストランや寮、売店などで聞き取り調査を行うなどして、報告書をまとめた。

 その結果、夏場には38度を超すエアコンのない室内で、労働者が上半身裸で働く過酷な労働環境が明らかになった。SACOMの聞き取り調査に、労働者は「あまりの暑さに夏には失神する者もいる」「まるで地獄だ」などと語ったという。工場内は換気も十分でなく、染料などの化学薬品がポリバケツに無造作に入れられていた。

「ニュース」のランキング