産経ニュース

空中で指を動かして文字入力 富士通研究所が指輪型ウエアラブル開発

ニュース 経済

記事詳細

更新


空中で指を動かして文字入力 富士通研究所が指輪型ウエアラブル開発

富士通研究所が開発した、作業現場などで、指先で文字入力ができる指輪型のウエアラブル端末=13日、東京都港区(黄金崎元撮影)

 富士通研究所(川崎市中原区)は13日、空中で指を動かして、文字や数字を画面上に入力できる指輪型ウエアラブル端末を開発したと発表した。工場やビルのメンテナンス作業での活用を想定しており、2015年度中に実用化を目指す。

 富士通研究所が開発した指輪型ウエアラブル端末は重さが10グラムと軽く、加速度、ジャイロ、磁気などのモーションセンサーが搭載されている。これらのセンサーが指の動きを解析し、手書きした文字や数字を画面上に表示する。また、文字や数字だけでなく、メニュー画面の操作も行うことができる。

 入力方式は空中で文字を書くと、文字を構成する線と書き出しまでの移動を区別するため、一筆書きを採用した。今回、一筆書きの軌跡から文字として不要な部分を消して自動的に補正する技術を開発し、認識率を高めた。数字の認識率は約95%に達成しているという。

 端末にはNFCタグも搭載されており、物に貼ったタグに触れると、作業対象物を特定し、作業内容を提示できる機能もある。バッテリーが内蔵され、約8時間利用できる。

 富士通研究所は今後、操作性の検証を行った上で、文字入力などが簡単にできない作業現場での普及を目指す。

このニュースの写真

  • 空中で指を動かして文字入力 富士通研究所が指輪型ウエアラブル開発

「ニュース」のランキング