産経ニュース

昨年の企業倒産は10%減で1万件割る バブル期以来24年ぶり低水準 東京商工リサーチ調べ

ニュース 経済

記事詳細

更新


昨年の企業倒産は10%減で1万件割る バブル期以来24年ぶり低水準 東京商工リサーチ調べ

 信用調査会社の東京商工リサーチが13日発表した平成26年の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年比10・3%減の9731件と6年連続で前年を下回った。負債総額は32・6%減の1兆8740億円と2年連続のマイナス。倒産件数が1万件、負債総額が2兆円をそれぞれ割り込むのは、バブル経済期の平成2年以来、24年ぶり。

 要因として、金融機関が中小企業の返済猶予に応じていることや、4月の消費税率引き上げに伴う景気対策として公共事業を前倒しで執行してきた政策が挙げられる。倒産件数は33都道府県で前年を下回り、全国的に倒産は減少した。

 上場企業の倒産は24年ぶりにゼロだった。一方、円安に起因した倒産は前年の139件から282件へと倍増。後継者難や人件費高騰など、人手不足に関連した倒産も目立った。

 東京商工リサーチでは「輸出企業を中心に業績が改善する一方、中小企業の業績改善は遅れている。消費税増税後の消費者心理は低迷し、人手不足も小・零細企業の経営を圧迫している」などとして、この春先から企業倒産が緩やかに増加に転じると予想している。

「ニュース」のランキング