産経ニュース

丸の内の東商ビル、東京会館ビル、富士ビル3棟を丸ごと立て替え 高さ150メートルの超高層ビルに 平成30年に完成

ニュース 経済

記事詳細

更新


丸の内の東商ビル、東京会館ビル、富士ビル3棟を丸ごと立て替え 高さ150メートルの超高層ビルに 平成30年に完成

三菱地所が東京商工会議所ビルや東京会館などを一体建て替えして再開発する超高層ビルの完成予想イメージ(同社提供)

 東京・丸の内の東京商工会議所ビルや東京会館ビルなどの建て替え計画で、再開発を担当する三菱地所の計画概要が27日、分かった。跡地に高さ150メートルの超高層ビル=完成予想イラスト=を新たに建設。災害時に電力や水を周辺ビルに融通するシステムや、大規模な国際会議の受け入れ機能も持たせ、丸の内の防災、エネルギー、国際交流の中核拠点とする。完成は平成30年の予定。

 三菱地所は丸の内3丁目の皇居寄りの街区(9900平方メートル)で、いずれも完成から50年前後が経過した東商ビル、東京会館ビル、富士ビルの3棟を解体し、跡地に超高層ビルを建設する計画を検討してきた。

 新ビルは地上29階、地下4階建てで延べ床面積は17万2千平方メートル。7階までの低層階に東商や東京会館などが入り、8階以上の高層階は貸しオフィスとなる。

 ビル内にコージェネレーション(熱電併給)システムや発電機を設け、災害時には公道下に整備した共同溝で周辺のビルに電力やトイレの用水を融通。帰宅困難者を最大1750人収容する機能も備える。

「ニュース」のランキング