産経ニュース

セガサミー、地元企業と組み韓国で統合型リゾート着工 カジノに本格参入へ

ニュース 経済

記事詳細

更新


セガサミー、地元企業と組み韓国で統合型リゾート着工 カジノに本格参入へ

セガサミーHDが韓国・仁川に合弁で建設する統合型リゾートの完成予想図(同社提供)

 【仁川=田端素央】セガサミーホールディングスが韓国カジノ最大手のパラダイスグループとの合弁で立ち上げる統合型リゾート(IR)が20日、着工した。韓国初の大規模IRで、開業は2017年上期。セガサミーはカジノ事業に本格参入を果たすとともに、日本でカジノが解禁された場合に備え、運営事業者としてのノウハウを習得する考えだ。

 建設予定地はソウル近郊の仁川国際空港から数分の立地。東京ドーム4個分以上(20万平方メートル)の敷地に韓国最大のカジノや五つ星ホテルのほか、韓流エンタメ施設、国際会議場、温浴施設などを併設する。第1期の投資額は1兆3000億ウォン(1380億円)。

 建設にあたり、セガサミーはパラダイスグループと合弁会社「パラダイスセガサミー」を設立していた。出資比率はパラダイス55%、セガサミー45%。完成後は「パラダイスシティ」の名称で、韓国に押し寄せる中国人の富裕層をターゲットにする。

 この日の着工式にはセガサミーの里見治会長兼社長やパラダイスグループの田必立会長が出席。着工を祝う発破のセレモニーなどが行われ、里見会長は「北東アジアの観光の中心的存在にするため、グループの総力を結集する」と述べた。

このニュースの写真

  • セガサミー、地元企業と組み韓国で統合型リゾート着工 カジノに本格参入へ
  • セガサミー、地元企業と組み韓国で統合型リゾート着工 カジノに本格参入へ

「ニュース」のランキング