産経ニュース

【Q&A】なぜマイナス金利でも国債を買うのか? 

ニュース 経済

記事詳細

更新

【Q&A】
なぜマイナス金利でも国債を買うのか? 

マイナス金利イメージ

 財務省が23日に実施した短期国債の入札で、平均落札利回りが初めてマイナスとなったことを受け、麻生太郎財務相は24日の記者会見で「別におかしくはない」とした上で、「(金融機関は)資金需要がないとなれば、いろいろ考える。知恵の出し方の話ではないか」と述べた。マイナス金利となった理由や背景などをQ&Aでまとめた。

 Q 財務省が実施した27日発行の短期国債の金利が初めてマイナスになった

 A 銀行や証券会社などの金融機関を対象にした、償還までの期間が3カ月の短期国債の入札が23日に行われ、5兆7100億円の発行予定額に対し、52兆1052億円の応札があった。このうち約3兆円分は、国に利子を払ってでも買いたいという応札。この結果、平均落札金利がマイナス0・0037%になった。

 Q マイナスになったとはどういうことか

 A 100円で償還される国債に0・37銭の利子をつけて買うということ。つまり、お金を借りる立場の政府が、借金をするにもかかわらず利息までもらえる異常事態で、金融機関は買えば損失を被ることになる。

 Q なんで損失が出るのを分かっていて、国債を購入するのか

 A 短期国債は、売買に時間がかかる不動産などと違い、信用力の高さもあって換金性にすぐれている。日本銀行からお金を借りる場合や、金融機関同士が取引する際の担保にもなる。金融機関は一定の量の国債を手元に置いておく必要があるので、マイナスでも買っておきたいというわけだ。

「ニュース」のランキング