産経ニュース

【ノーベル物理学賞】産業界から喜びと称賛の声「日本の技術力、高さ表す」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ノーベル物理学賞】
産業界から喜びと称賛の声「日本の技術力、高さ表す」

 赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3人のノーベル物理学賞受賞決定について、産業界からは「日本の技術力の高さをあらためて表すものであり、国民に勇気と希望を与えるとともに、日本経済にも大きく寄与する」(日本商工会議所の三村明夫会頭)など、喜びと称賛の声が広まった。

 赤崎勇氏と共同で青色LEDの実用化に成功した豊田合成の荒島正社長は「近年、照明のLED化が進み、適用分野は広がっている。赤崎先生はLED研究のパイオニアであり、今回の受賞はその功績が認められたものだ」とコメントした。

 さらに、赤崎勇氏が1950年代に勤めていた神戸市の富士通テン(当時は神戸工業)も、「当社の前身となる社に素晴らしい方が在籍しておられたことを今回あらためて知る機会になり、大変うれしく思う」とした。

 一方、中村修二氏と共同研究を進めている三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長は「(中村氏は)青色LEDの実用化を達成され、人類にLEDという画期的な新照明をもたらした。そのとことん考え抜く姿勢と、自由で豊かな発想には、いつも深い感銘を与えられる」との考えを表明した。

「ニュース」のランキング