産経ニュース

【CMのツボ】天が二物を与えた少女「葵わかな」ブレイクの予感

ニュース 経済

記事詳細

更新

【CMのツボ】
天が二物を与えた少女「葵わかな」ブレイクの予感

 自動車が初めて国内に走り出した大正時代。車に乗り込こもうとする父に、袴姿の娘が夜なべして作った手製のお守りを手渡す。

 「お父さま、お気をつけて」-。

 そんな冒頭のシーンが印象的な東京海上日動火災保険のCMは、同社が自動車保険の販売を開始して今年2月14日で100周年となるのを記念し、企画・製作、放映しているものだ。

 CMに登場している娘の「千代」役の女優は、葵(あおい)わかなさん(16)。映画にテレビに雑誌に、と活躍の場を次々に広げている新進の俳優だが、高い演技力で多くのCMに出演中だ。

 この「思う:自動車保険100周年」のCMでは、前半の大正時代のシーンから、終盤は一気に現代へと飛ぶ。

 現代のシーンでは、葵さんがひとり2役で演じる「玲奈」が、やはり車で自宅を出る父にお守りを手渡す。「ありがとう」と受け取った父に、少しだけはにかんだ表情を浮かべる玲奈は、一人っ子との設定だ。

 撮影は昨年末、群馬県と千葉県で2日かけて行われた。日照時間が短く、撮影可能な時間が限られる時期だっただけに、「現場は張り詰めた空気になった」(関係者)そうだ。

「ニュース」のランキング