産経ニュース

増税も何のその 100万円カメラが大人気

ニュース 経済

記事詳細

更新


増税も何のその 100万円カメラが大人気

 消費税増税で家電製品の販売減が懸念される中、100万円もするカメラが約2カ月の入荷待ちという人気になっている。リコーイメージングの中判デジタル一眼レフカメラ「ペンタックス 645Z」だ。中判カメラは35ミリフィルムのカメラよりひとまわり大きく、プロや写真館の撮影で使われる。645Zはそのデジタル版で約5140万画素の超高精細画像が売り。オートフォーカスなどの機能も向上させた。

 想定価格はボディーが約80万円、レンズは約10万円で、税込みだと約100万円もするが、予約注文は世界で約1500台(国内約700台)に上った。月産400台のため、6月27日の発売以降も「供給が追いつかず、店頭に展示する商品がない状況」という。

 カメラ機能を搭載するスマートフォン(高機能携帯電話)の普及でデジカメ販売は苦戦しているが、坂口賢執行役員は「高画質のニーズは強い。新たな価値を提供することで愛好家に支持されたのではないか」としている。

「ニュース」のランキング