産経ニュース

JAXA×カンドゥー共同開発  JAXA職員のお仕事体験ベニュー「カンドゥー・スペースセンター」 6/1(日)オープン

ニュース 経済

記事詳細

更新


JAXA×カンドゥー共同開発  JAXA職員のお仕事体験ベニュー「カンドゥー・スペースセンター」 6/1(日)オープン

株式会社カンドゥージャパン
親子三世代で楽しめるお仕事体験テーマパーク「カンドゥー」株式会社カンドゥージャパン(本社:東京都中央区、代表取締役 越純一郎)は、イオンモール幕張新都心ファミリーモールで運営しております、「家族の笑顔と子供の学び」をテーマとした、親子三世代で楽しめるお仕事体験テーマパーク 「カンドゥー」に、独立行政法人宇宙航空研究開発機構 JAXAの全面協力をいただき、新たなお仕事体験ベニュー「カンドゥー・スペースセンター」を6月1日オープンします。「カンドゥー・スペースセンター」は、JAXAのロケット管制室をカンドゥーのコンセプトと融合させて再現した本格的ベニューです。ここで子どもたちは、ロケットの打ち上げをはじめとする“宇宙に関わる仕事”を体験することができます。「とどけ、宇宙へ!」というスローガンのもと、次世代を担う子どもたちが、未来への新たな夢を抱くきっかけとなるようなお仕事体験(アクティビティ)を展開します。アクティビティのキーワードは、「探求心」。そして、「チームワーク」「責任感」「セルフエスティーム」。「カンドゥー・スペースセンター」のアクティビティに参加する子どもたちは、「カンドゥー・スペースセンタークルー」として、国際宇宙ステーション(ISS)に向けてH-2Bロケットを打ち上げる任務に挑戦します。このアクティビティは、子どもたちの未知の宇宙への探求心を刺激します。複数人がチームとなって行うため、子どもたちはミッションを通し、自身の役割に対する責任感やチームワークの大切さを学びます。これらを通して、カンドゥーが大切にしている、「セルフエスティーム(自己肯定感)」を育み、自分自身を受け入れ、自信を持って、社会にコミットしていく意欲を養ってくれることを願っています。■「カンドゥー」について(http://www.kandu.co.jp/
「カンドゥー」は、教育的価値の追求と親子三世代から選ばれる教育施設を目指しています。パークは家族の笑顔と子どもの学びをテーマとしたファンタジーとリアリティが融合する、これまでに無い体験型テーマパークです。警察官、助産師、パイロット、客室乗務員、アナウンサーなどの様々なお仕事体験ができ、子供だけでなく大人もお客さんなどとして参加できます。パーク内には約530席のフルサービスレストランがあり、指定席を利用すると滞在中ずっと席を確保できます。家族団らんでの食事はもちろんのこと、いつでも座れるので小さなお子様がおられるご家族やご年配の方も安心してご利用いただけます。※「カンドゥー・スペースセンター」概要については、別添-1をご覧下さい。
※「カンドゥー」概要については、別添-2をご覧下さい。【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
株式会社カンドゥージャパン 広報室:大林
TEL:03-3527-9907
メールアドレス:press@kandu.co.jp

「ニュース」のランキング