産経ニュース

「インターネット・エクスプローラー」 どんな危険性があるの?

ニュース 経済

記事詳細

更新


「インターネット・エクスプローラー」 どんな危険性があるの?

 米マイクロソフト(MS)のネット閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー(IE)」に外部から攻撃される脆弱性が見つかった。危険性や対策をまとめた。

 Q IEで見つかった脆弱性とは

 A IEの中に外部からウイルスに侵入されてしまう未修正の欠陥が見つかった。この状態で攻撃者が用意した悪意あるサイトを開くとウイルスが入り込み、第三者にパソコンの情報が盗まれ、遠隔操作される可能性がある。

 Q 実際に被害があったのか

 A MSはIEのバージョン9~11で被害があったと公表した。6~11まで未修正の欠陥があるとしている。これを受け、米国土安全保障省がIEを使わないように警告している。日本でも情報処理推進機構(IPA)がIEを利用しないよう注意喚起している。

 Q 対策は

 A MSは一時的に3つの対策を取るように呼び掛けている。その中でも、IEの中に外部から侵入されても情報を持ち出せないようにする「拡張保護モード」の設定が特に有効だとしている。ただ基本ソフト(OS)によって適用できる対策が異なり、一部で使用できなくなる機能もある。現在、MSは欠陥を修正するプログラムを提供する準備を進めている。完成した段階で即座に提供する方針だ。

「ニュース」のランキング