産経ニュース

「天丼てんや」、消費増税後も主力の天丼並盛を500円に据え置き

ニュース 経済

記事詳細

更新


「天丼てんや」、消費増税後も主力の天丼並盛を500円に据え置き

 外食大手のロイヤルホールディングスは、傘下の「天丼てんや」の主力メニューである天丼の並盛500円を、4月の消費税率引き上げ後も据え置く。14日の平成25年12月期決算発表会見で菊地唯夫社長が明らかにした。

 てんやでは、消費税増税となる4月1日のタイミングでメニューを改定する。現在、価格は総額表示のみだが、改定後は本体価格と総額を併記する。天丼の並盛は、ワンコインの看板メニューであるため、税込みの総額500円を維持する。その一方、定食などは若干の変更を加えながら、価格を引き上げる方向だ。

 外食業界では、牛丼大手各社など、まだ消費税増税後の価格対応を発表していない会社が多い。ロイヤルはファミリーレストランの「ロイヤルホスト」でも4月にメニューを改定するが、こちらはまだ価格など検討中だ。

「ニュース」のランキング