産経ニュース

【プロが教える就活最前線】TOEIC「890点」より「620点」の学生に内定を与えた訳は

ニュース 経済

記事詳細

更新

【プロが教える就活最前線】
TOEIC「890点」より「620点」の学生に内定を与えた訳は

 毎年、就職活動を控えた学生から多く寄せられる質問の1つに「就職活動に有利な資格は何か」、「面接官にアピール出来る資格は何か」といったように、「資格取得」に関する質問が挙げられる。

 TOEICの点数向上に励んでいる学生や、秘書検定やビジネス実務マナー検定などを通じてビジネスマナーに関する知識を増やそうと努めている学生、世界遺産検定やなど一風変わった資格の勉強に励んでいる学生など、積極的に資格取得へ励んでいる姿が散見される。では、就職活動において、資格を所持している事がどれほど有利に働いてくれるのだろうか。そこで、応募条件が「TOEIC600点以上」という大手ホテル会社の選考を受けた2名の就職活動生の例を見て頂きたい。

1)Aさん(TOEIC:890点所持)

「面接の際は、TOEIC高得点を所持しているので、ホテルでの接客の際には、非常に役立つという点を主張した。また、英語検定や漢字検定、秘書検定など、自身が取得した資格を列挙し、積極的に資格取得に励んできた事をアピールした。現在は、一生役立つと言われている『医療事務』の資格取得に向け勉強している事も伝えた。」

2)Bさん(TOEIC:620点)

「大学入学時のTOEICの点数は450点だった。英語は苦手だったものの、諸外国の方々と接する機会が多いホテルでの仕事に就くため、まずは600点突破を目標とした。毎日15分間のラジオ英会話講座を欠かさず視聴し、興味があるイギリス文学作品の原本を1日2ページずつ読み進めた。結果、3年間でTOEICの点数は向上し、コツコツ小さな努力を重ねる重要性も学んだという事を面接官へ伝えた。」

「ニュース」のランキング