リコー、小規模事業者向けにセキュリティ対策 - 産経ニュース

リコー、小規模事業者向けにセキュリティ対策

 リコーの販売子会社リコージャパンは12日、ITベンダーの英ソフォスと協業し、従業員10人以下の小規模事業者のセキュリティ対策サービスを始めると発表した。ソフォスの人工知能(AI)技術をウイルス検知に活用、リコージャパンが全国に構築したサービス網と組み合わせ、導入・設定から検知・駆除、データ復旧まで一手に支援する。
 サービス名は「RICOHサイバーセキュリティパック」で、今月21日から提供する。複数のセキュリティ機能を1台に集約した装置の設置と5年間の保守を合わせ、税別39万8千円。異常時にはリコーのエンジニアが全国約400の拠点から駆けつける。
 新サービスは今後2年間に1万社の獲得が目標。オフィスのペーパーレス化で複合機の需要が伸び悩む中、リコーはITサービスも一括提供することで顧客ニーズに対応する考えだ。