シカゴ穀物、軒並み安

 

 11日のシカゴ穀物市場は大豆、小麦、トウモロコシが軒並み下落した。

 大豆は米国産の輸出需要減少に対する懸念から売り注文が膨らんだ。小麦は米国産の輸出が低調との見方に加え、前日の大幅上昇の反動で利益確定売りにも押された。トウモロコシは小麦につれ安となった。(共同)