ルネサス、米半導体を7330億円で買収 自動運転など車載用を強化

 
米半導体メーカーの買収を発表するルネサスエレクトロニクスの呉文精社長=11日、東京都千代田区(山沢義徳撮影)

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは11日、米同業のインテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)を67億ドル(約7330億円)で買収、完全子会社化することで合意したと発表した。電気自動車や自動運転の普及が期待される中、ルネサスが高いシェアを持つ車載半導体を強化し、米インテルや米エヌビディアなどに対抗する。

 IDTは工場を持たず設計開発に特化したファブレスメーカー。直近の連結売上高は約927億円で、センサーや通信用の半導体が強みだ。買収後はルネサスが作るマイコンやパワー半導体などと組み合わせ、自動車メーカーへの商品提案力を向上させる。

 買収手続きは来年6月にも完了する予定。ルネサスは手元資金に加え、取引銀行から約6790億円の融資を受ける。統合効果は、営業利益ベースで約275億円を見込んでいる。