【台風21号】伊丹・神戸両空港に国内・国際線の振り分け要請 石井啓一国交相 関空の機能代替で - 産経ニュース

【台風21号】伊丹・神戸両空港に国内・国際線の振り分け要請 石井啓一国交相 関空の機能代替で

台風21号の被害から1週間後の関西空港。中央は第1ターミナルビル(共同通信社ヘリから)
 石井啓一国土交通相は11日の閣議後会見で、台風21号による高潮で被災した関西国際空港が本格復旧するまでの間、伊丹空港に1日20便、神戸空港に同15便を受け入れるよう、地元関係者に要請したことを明らかにした。
 いずれも国際線を含む便数で、石井氏は「関西全体の航空需要に対応するため、伊丹・神戸両空港に国内・国際線を受け入れる体制確保が必要」と述べた。
 また、関西国際空港のA滑走路と第1ターミナルの南半分の暫定運用の開始は週内になるとの見通しを示した。
 タンカー船が衝突した関西国際空港連絡橋の再開に向け、損傷した橋桁をクレーンで撤去する作業を12日から始め、順調に進めば14日に作業完了となることも明らかにした。その後、鉄道が通る橋桁の据え置き作業を進める。鉄道の運行は、当初計画(4週間後)から1週間程度短縮され、今月中の再開となる見込みだ。