北海道内のJR貨物を一部再開へ 本州と結ぶ青函トンネルも

北海道震度7地震
6日、地震の影響による運転見合わせを知らせるJR札幌駅の掲示

 JR貨物は8日、地震の影響で運休していた北海道内の貨物列車について、9日未明から一部で運転を再開すると発表した。本州と北海道を結ぶ区間も含まれ、滞っていた物流の改善につながりそうだ。

 JR貨物によると、札幌から青函トンネルを経由して東京や大阪方面に向かう列車のほか、農作物産地の北見などからの列車も再開する。石勝線など安全確認が済んでいない区間は、引き続き運転を見合わせる。