夏のビジネススタイルの主役!日本の職人が作るこだわりのベルト  - 産経ニュース

夏のビジネススタイルの主役!日本の職人が作るこだわりのベルト 

長沢ベルト工業の「英セドウィック社製ブライドルレザー 30mmベルト」
 薄着になると存在感を増すのがベルト。上着を脱いでシャツ一枚になる夏のビジネススタイルの主役です。産経ネットショップでは、良質な国産ベルトの製造で知られる長沢ベルト工業(東京都墨田区)の本革ベルトを新たにラインアップしました。<産経ネットショップ>
 1967年創業の長沢ベルト工業は、紳士ビジネスベルトの専門メーカー。東京・墨田にある自社工場では、全ての工程を熟練職人が手がけ、機能的で仕上がりの美しいベルトを作っています。イタリアやフランスなどレザーの本場から選りすぐった良質な本革を使っており、中でも馬具の素材として開発された英国製ブライドルレザーを使ったベルトはおすすめです。
 ブライドルレザーは、革の表面に白い粉(ブルーム)が噴いているのが特徴。これは革に染みこませた蜜蝋や牛脂が噴出したもので、使い続けるうちに消えて美しいつやに変わります。1900年創業の老舗タンナー、セドウィック社製の革で、ブライドルレザーの代名詞といわれる逸品です。シルバーカラーのスクエアバックルとのコンビネーションも美しく、シンプルな夏のビジネススタイルを格上げしてくれる1本です。ブラック、ネイビー、ダークブラウンの3色から選べ、1万800円(税込)。
 このほか、高級感のあるフランス製ボックスカーフのベルトや、イタリア伝統のバケッタ製法でなめされた極上の牛革ベルトなど、いずれも使い込むほどになじむ上質なレザーを使用。自分だけの経年変化を楽しめるビジネスベルトを各種取り揃えています。
<産経netShop>