スパコン世界ランクが激変 中国が首位陥落、米国返り咲き 日の丸ベンチャーの「暁光」は姿消す

 

 スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が25日、ドイツで開催中の国際会議で発表され、米国が中国を退け2012年以来の首位に返り咲いた。国の助成金詐欺事件で逮捕、起訴されたベンチャー企業の前社長らが開発し、日本最速だった「暁光」はランクから姿を消した。

 暁光は「ペジーコンピューティング」(東京)が開発。昨年11月の前回発表で国内最高の4位に躍進して注目を集め、前社長は今年中に世界トップを目指すとしていた。

 事件を受け、関連会社に開発費を融資した科学技術振興機構が調査し、当初の計画を満たせなくなったとして開発中止を決定。設置していた海洋研究開発機構の横浜研究所からも撤去された。

 トップに躍り出たのは米オークリッジ国立研究所の「サミット」。計算速度は毎秒12京2300兆回(京は1兆の1万倍)で、前回の首位から2位に後退した中国の「神威太湖之光」(同9京3014兆回)を大きく上回った。

 3位は米ローレンス・リバモア国立研究所の「シエラ」、4位は中国の「天河2A」だった。

 中国勢は年2回発表される世界ランクで「天河2」がトップに立った13年6月以降、10連覇していた。この5年間は天河2と神威太湖之光が世界をリード。米国勢は苦戦を強いられ、昨年はトップ3からも落ちていた。

 今回のランキングではトップ5のうち、首位と3位の米国勢はいずれも新顔。中国の後塵を拝していた米国の巻き返しが際だった格好だ。

 日本勢では産業技術総合研究所の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」が5位に入った。人工知能(AI)の技術開発を目的に構築したもので、計算速度は毎秒1京9880兆回。東大・筑波大の「オークフォレスト・パックス」は12位、理化学研究所の「京(けい)」は16位で、いずれも順位を下げた。

 アジア勢では韓国科学技術情報研究院の「ヌリオン」が理研の京を上回る11位と健闘した。

 主なスパコンの順位と計算速度(1秒間の浮動小数点計算回数、京は1兆の1万倍)は以下の通り。

 

(1)米オークリッジ国立研究所「サミット」 12京2300兆回

(2)中国・無錫スパコンセンター「神威太湖之光」 9京3014兆回

(3)米ローレンス・リバモア国立研究所「シエラ」 7京1610兆回

(4)中国・広州スパコンセンター「天河2A」 6京1444兆回

(5)産業技術総合研究所「AI橋渡しクラウド(ABCI)」 1京9880兆回

(6)スイス・国立スパコンセンター「ピーツ・ダイント」 1京9590兆回

(7)米オークリッジ国立研究所「タイタン」 1京7590兆回

(8)米ローレンス・リバモア国立研究所「セコイア」 1京7173兆回

(9)米ロスアラモス国立研究所「トリニティー」 1京4137兆回

(10)米ローレンス・バークレー国立研究所「コリ」 1京4014兆回

(12)東大・筑波大「オークフォレスト・パックス」 1京3554兆回

(16)理化学研究所「京」 1京510兆回

(19)東京工業大「TSUBAME3.0」 8125兆回