千葉市動物公園で38人のメールアドレス流出 当選通知を誤送信 - 産経ニュース

千葉市動物公園で38人のメールアドレス流出 当選通知を誤送信

 千葉市動物公園(石田●(=揖のつくり、右に伐のつくり)(おさむ)園長)は20日、サマースクールの当選者38人分のメールアドレスが流出したと発表した。当選を知らせるメールを一斉送信する際に他の受信者のアドレスが表示されない「BCC」を使わず、アドレスが示される「TO」で送信したとしている。これまでに被害は確認されていないという。
 同園は送信者にメールで謝罪し、該当するメールの削除を依頼した。
 同園によると、30代の男性職員が小学3、4年生を対象にした飼育体験イベントのサマースクール(7月24日開催)の当選通知を14日夜に当選者38人にメールで送信。その後、違和感を覚え、送信済みのメールを確認したところ、BCCではなくTOで送ったことに気付いたという。