水に浮くほど軽くてつまずきにくい 元気に歩ける健康シューズ「快歩主義」

 
軽くてつまずきにくい 元気に歩ける健康シューズ

 年をとると骨格や筋肉の衰えからつまずいたり転んだりしやすくなる。そんな不安をやわらげて歩くのが楽しくなる健康・快適シューズ「快歩主義」を紹介します。<産経netshop>

 「快歩主義」は、理想的な歩行をサポートする機能を備えた日本製の健康シューズ。アサヒシューズが医学博士で学校法人名古屋医専の酒向俊治教授との共同研究で開発しました。

 特長は、体重移動をコントロールして歩行をサポートする機能「フットオンコントローラーシステム」。加齢で骨格に変化が起きるとO脚になりやすく、足やひざの負担が大きくなってつまずきやすくなります。こうした歩行傾向をふまえてソールの外側を2ミリ高くすることで足の動きをコントロールし、親指の付け根部分には1ミリのくぼみを付けることで足を安定させ、歩行時にかかる衝撃を吸収します。

 さらに、水に浮くほど軽く、長時間履いても疲れにくい軽量設計。また、つま先を20ミリ、かかとを12ミリ巻き上げることでつまずきを防止し、着地や蹴り出しがスムーズです。また、甲のファスナーは大きく開きくので、脱ぐことも履くことも簡単。屈曲性に優れたソールにより、履いたその日から足になじみます。

 酒向教授は、「人は年を重ねると筋力が衰え、下肢のバランスが崩れて歩きかたが不安定になります。快歩主義は医学的に研究し開発された、身体にやさしく歩くことが楽しくなる靴です」とコメントしています。

 男性におすすめの「快歩主義 メンズコンフォートシューズ」は、靴の表面に水を弾く撥水加工を施しています。水で丸洗いができ、靴や足を清潔に保てます。ブラックとブラウンの2色。5900円(税込)。

<産経netShop>