エンジン音や振動をリアル再現「トミカ4D」 10月発売

 
トミカ4D

 タカラトミーは、エンジン音や振動を再現した「トミカ4D」(フォーディー)を10月に発売する。1600円(税別)。

 大きさや形は従来のトミカと同じだが、トミカのサスペンションを押し込むと、リアルなエンジン音と、アイドリング振動を体感できるという。手で押して走行させると、リアルな走行音が鳴り、手の動きに合わせ音が変わる。

 新製品は、日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2018」共有玩具部門の大賞を受賞した。クルマの形状を触って確かめるだけでなく、変化する音と振動によって、目の見えない子どもにも臨場感が伝わる点が評価された。