財務省がセクハラ研修 幹部向けは初開催

財務次官セクハラ疑惑

 財務省は9日、福田淳一前事務次官がセクハラ問題で辞任したことを受け、弁護士を講師に招いて幹部職員を対象としたセクハラ防止研修を開く。通常は職員の昇進時などにセクハラ研修を行っており、それとは別に一定以上の幹部を集めてこうした研修を実施するのは初めてという。

 福田氏は、女性記者にセクハラ発言を繰り返していたと週刊誌に報じられ、セクハラを否定したまま4月24日に辞任。財務省は27日、セクハラ行為があったと認定し、懲戒処分相当だと判断して退職金を減額した。

 麻生太郎財務相はセクハラの再発防止に向け、幹部職員への研修を集中的に行うほか、女性職員らの意見を聞いて必要な対策を講じる考えを示していた。