格付け委、神鋼報告書に9人中6人が不合格

神戸製鋼データ改竄
3月6日、会見で厳しい表情を見せる神戸製鋼の川崎博也社長=東京都中央区(松本健吾撮影)

 神戸製鋼所の製品データ改竄を検証した調査報告書について、弁護士らで構成する格付け委員会は9日、9人中6人が不合格とする評価結果を発表した。格付け委は、米国での訴訟などが不利になる可能性があるとして、同社が外部調査委員会の調査結果を公表しなかった点を厳しく批判。報告書が調査結果の「都合の良い部分を恣意的に利用している」とした。

 残り3人も、不合格に当たるF以外で最低のDをつけ、「(外部調査委の調査結果が)非開示になる理由にはならない」などと主張した。経営責任などについて、調査不足を指摘する声もあった。神戸製鋼は昨年10月26日に弁護士3人で構成する外部調査委を立ち上げ、今年3月6日に報告書を公表していた。

 格付け委は、不祥事を起こした企業などが実施する第三者による原因調査が適切だったかどうかを評価。評価はA~Dと、不合格に相当するFの5段階で実施している。