【神戸製鋼データ改竄】川崎会長兼社長が引責辞任 後任社長は近日決定 新たに6社で不正、手引書も存在 - 産経ニュース

【神戸製鋼データ改竄】川崎会長兼社長が引責辞任 後任社長は近日決定 新たに6社で不正、手引書も存在

 神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長
 神戸製鋼所は6日、一連の製品データ改竄(かいざん)問題の責任を取り、川崎博也会長兼社長(63)が4月1日付で辞任すると発表した。会長職は廃止し、後任社長は近日開催する取締役会で決定する。不正が見つかったアルミ・銅事業部門を担当する金子明副社長(63)も辞任する。両氏は6月の株主総会で取締役も退く予定で、経営陣を刷新して信頼回復に取り組む。
 6日に記者会見した川崎氏は不正を陳謝し、「多くの顧客に迷惑をかけ、信頼を失ったことは痛恨の極みだ」と述べた。退任理由については「再発防止策の実行は、新しい経営体制でやるべきだ」と語った。
 この日は、外部調査委員会の調査に基づく最終報告書も公表。新たに機械事業部門などグループ6社・部門で改竄が判明し、163社に不正な製品を出荷したことも明らかにした。不正には、役員就任以前に直接関与していたOB2人を含む5人の役員が関わっていたことも判明した。
 また、データ改竄が真岡製造所(栃木県真岡市)では遅くとも1970年代からあり、改竄に関する手引書が存在することも確認された。銅管子会社では改竄データを「トクサイリスト」と呼ばれるファイルに記録し、書き換えの参考にしていたことも分かった。
 再発防止に向けては、取締役会の体制を見直し、社外取締役の比率を3分の1以上とする。取締役会議長も社外取締役から選任するなどして、経営の透明性を高める。
 関係者の処分では、昨年8月の問題発覚以前から不正を認識していた藤井拓己、磯野誠昭の両常務執行役員が6日付で退任。不正が発覚したコベルコマテリアル銅管の益野裕社長と神鋼メタルプロダクツの安藤裕幸社長も4月1日付で退任する。