神鋼のデータ改竄で初の訴訟提起、JIS認証取り消し・一時停止も

 

 神戸製鋼所は8日、アルミ・銅製品などの性能データ改竄(かいざん)問題に関連して訴訟を起こされたと発表した。改竄問題での訴訟提起は今回が初めて。同様の動きは今後も広がる可能性がある。

 カナダの消費者4人が同社とグループ会社を相手取り、同国の裁判所に損害賠償を求める訴訟を起こした。データを改竄したアルミなどが使われた自動車を購入し、不当に高い対価を支払わされたとしている。 神戸製鋼はまだ正式な訴状を受け取っておらず、訴訟手続きに入ったとは認識していないほか、請求額も不明という。「訴状の正式な送達を受けた場合は弁護士と協議の上、適切に対処していく」としている。

 同社は真岡製造所(栃木県真岡市)のアルミやアルミ合金の板などが、日本工業規格(JIS)認証の一時停止処分を受けたことも発表した。また、子会社の神鋼メタルプロダクツ(北九州市門司区)では、工場の熱交換器などに使う銅と銅合金製の継ぎ目のない管が認証を取り消された。いずれも品質管理体制に問題があるためという。

 一連の問題でJIS認証機関から処分を受けたのは、子会社のコベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)と長府製造所アルミ押出工場(山口県下関市)に続き4拠点となった。処分対象の製品は、JISマークをつけて出荷できなくなるが、「性能的にはJIS規格相当の製品を提供させていただくことは可能」として供給を続ける方針だ。